エレクトーン処分サービス

エレクトーン専門の引取り・回収・処分サービスです。
2階以上からの搬出作業もおまかせ。 ラクラク手間いらず。
対応エリア/東京・神奈川・千葉・埼玉・群馬・栃木・茨城・新潟・山梨・長野・岐阜・静岡・愛知・三重・滋賀・京都・大阪・兵庫・奈良・和歌山

リサイクルへの取り組み

古いエレクトーン・電子ピアノは粗大ゴミとして扱われています。地球規模で環境やエコが叫ばれている現在、この状態でよいのでしょうか? そこで、ゴミとして廃棄されないように、私たちは「独自のリサイクルサービス」を始めました。
2011年10月 エレクトーン・電子ピアノの「資源リサイクルセンター」を設立。
リサイクルセンターに集められたエレクトーンと電子ピアノの解体風景
さらに! 専用回収車で各家庭、お店、教室を廻る「引き取りサービス」の開始。
引き取った電子ピアノをスタッフ二人でトラックに積み込んでいる写真
回収したエレクトーン・電子ピアノは…
弊社リサイクル施設にて完全リサイクル

家庭やお店、学校、音楽教室等から回収してきたエレクトーンと電子ピアノは、スタッフが一台ずつ解体し、各パーツごと・素材ごとに分別しています。

引き取りからリサイクルまでの流れ
  • お客様宅のお部屋から搬出する
  • 弊社リサイクルセンターへ運搬
  • センターで解体・資源分別
  • 資源業者へ搬入
  • 素材として各工場へ

お客様からお引き取りしたエレクトーンおよび電子ピアノは、このような流れで完全リサイクルという形をとります。

しかも!! 費用を業界回収費の半額以下に

1台でも多くのエレクトーンを【資源リサイクルするため】【ゴミとして廃棄処分させないようにするため】、私たちはお客様負担となる回収リサイクル費用の軽減に尽力し、ピアノ運送業者さんや処分業者さんの半額以下の料金で承っております。

処分業者 25,000円~40,000円
弊社リサイクルセンター 黒いエレクトーンは一律13,000円

この料金は、引き取り時の人件費や車両、燃料、解体時の人件費や施設維持費や光熱費など、掛かる経費のぎりぎりの金額です。

リサイクルとして引き取れるエレクトーンの台数が増えれば増えるほど、効率的な運営が可能になり、お客様ご負担である回収料金を安くすることができるのです。

【美しい地球と限りある資源を後世に残すために。】私たちとともにエレクトーン・電子ピアノのリサイクルにご協力ください。
対応エリア/東京・神奈川・千葉・埼玉・群馬・栃木・茨城・新潟・山梨・長野・岐阜・静岡・愛知・三重・滋賀・京都・大阪・兵庫・奈良・和歌山
  • フリーダイヤル:0120-363-099
  • メールでのお申し込み・お問い合わせ

エレクトーンと電子ピアノも『資源リサイクル』を

代表の顔写真

アップライトピアノやグランドピアノは、古いものでも人から人へと受け継がれ、美しい音色を奏で続けます。その多くは、リユース品として国内または海外で修理・調整をされて、ピアノを愛する人の手に渡ります。

古いエレクトーンや電子ピアノはどうでしょうか?

残念ながら、古いエレクトーンや電子ピアノは、リユースもリサイクルもされずに粗大ゴミとして扱われます

エレクトーン(電子オルガン)はパイプオルガンを電子化した楽器で、年月とともに電子部品が劣化し、いづれその機能が失われます。古い電化製品がそうであるように、部品の交換には高い料金が掛かったり、また部品自体の供給が無くなるということも。

20年前のテレビや冷蔵庫が再利用されることなく廃棄処分となるように、同じ家電製品であるエレクトーンもまた、『廃棄の対象』となってしまうのです。

エレクトーンと電子ピアノを粗大ゴミとして処分するのではなく、資源リサイクル(素材としての再循環)をすることはできないのでしょうか?

ご存知の通り、冷蔵庫・洗濯機・テレビ・エアコンの4品目の家電は「家電リサイクル法」に基づき、回収されています。それらは専門のリサイクル施設で金属やプラスチック、ガラス等に分けられて、大半が資源リサイクルとして循環し、形を変えて新たな製品として生まれ変わります。

ところが、エレクトーンや電子ピアノはどうでしょうか?
行政による粗大ゴミの回収や、不用品回収業者などに処分を依頼した場合、エレクトーンと電子ピアノはリサイクルされることもなく、破砕機で細かく砕かれて、本当にただのゴミとなってしまうのです。

地球規模で環境やエコが叫ばれている現在、このままの状態で良いのでしょうか?

私たちは、冷蔵庫や洗濯機などのように、エレクトーンにもリサイクルできる仕組みが必要であると考え、きちんと分解をして、素材ごとに再生資源として有効に利用したいと思いました。

エレクトーン・電子ピアノリサイクルセンターの開設

2011年10月、「エレクトーンと電子ピアノの再資源化を」という想いを胸に、神奈川県二宮町にリサイクル施設を開設いたしました。

この施設では、家庭やお店、学校、音楽教室などから回収したエレクトーンや電子ピアノをスタッフが一台ずつ解体して、各パーツごと・素材ごとに分別しています。

エレクトーンと電子ピアノを分解し、パーツ別に分けている写真

エレクトーンを構成している素材は、鉄などの金属とプラスチック、木などに分けられます。また、電子オルガンと呼ばれるように、エレクトーンには電子部品が使われており、基板や配線などには希少な金属も含まれています。

不要な大型ごみとしてではなく限りある資源として、また環境保護の目的から、これからも私たちはエレクトーンと電子ピアノのリサイクルに努めてまいります

回収地域は、関東・中部・関西の1都2府17県をカバーします

現在のところ、関東・中部・関西エリアが回収の対象地域です。
黒いエレクトーンの回収は一律料金ですが、茶色のエレクトーンは地域により処分料金が異なります。

お客様の負担が少しでも軽くなるように、均一の料金体制を目指し、営業拠点の準備をしているので今しばらくお待ちください。

作業中の事故の補償

ご依頼いただいたお客様に対しての事故に関しては、弊社が全責任を持って対処いたします。

  • お客様に対しての怪我
  • 家屋内に対しての損傷
  • 敷地内の物品に対しての損傷

これらに関しては、損保ジャパンを通しての損害保険にて、全額補償をいたします。

また、作業後に発生した事故に関してもPL保険に加入することにより、弊社で携わった事すべてに対して保証をしております。

お客様の声は【エレクトーンのリサイクルを要望】している

私たちの会社は長年、【アイデア引越センター】という名で引越業務を請け負ってきましたが、引越の作業でお客様宅に伺った際に、20年30年と部屋の隅で眠っている古いエレクトーンの処分を依頼されることが度々ありました。

壊れたり、もう弾かなくなったりした物を、長い間なぜ放置してあるのでしょうか?
お客様曰く、「重いからそのままになっちゃって…。市役所は引き取ってくれないし、業者は高いし…」とのお話。

確かに、行政の粗大ゴミ回収を利用してエレクトーンを処分するには、自力で搬出を行う必要があり、大型で重量のあるエレクトーンは少し動かすだけでも一苦労でしょう。また、自治体によっては、エレクトーンの回収を受け付けていない場合も。

不用品回収業者などに処分を依頼する場合には、運び出しといった手間はなくなりますが、その代わりに処分費用が掛かってくることがほとんどです。お金を払って処分することを考えると、それこそ引越のように必要に迫られない限り、エレクトーンをご家庭に置いたままにされている方が多いのかもしれません。

しかし、エレクトーンは家電製品なので、古くなれば交換部品が無くなり、久しぶりに弾いてみようと思っても、故障していたら修理をすることが困難に。
不要になったエレクトーンをそのままにしておいたら、ただの置物となってしまいます。

そして、私たちは多くのお客様の声を聞きました。

『思い出のたくさん詰まったエレクトーンがゴミとして扱われて、処分されてしまうのは悲しい。せめて有効活用してもらいたい…。』

エレクトーン処分サービスは、お客様の声を真摯に受け止め、お客様満足を最優先とするサービスの提供に取り組むとともに、リサイクル体制のさらなる整備と充実を目指してまいります。

エレクトーンだけでなく、電子ピアノのリサイクル処分も可能です。回収の対応地域が若干異なるので、どうぞお問い合わせください。

【美しい地球と限りある資源を後世に残すために。】私たちとともにエレクトーン・電子ピアノのリサイクルにご協力ください。
対応エリア/東京・神奈川・千葉・埼玉・群馬・栃木・茨城・新潟・山梨・長野・岐阜・静岡・愛知・三重・滋賀・京都・大阪・兵庫・奈良・和歌山
  • フリーダイヤル:0120-363-099
  • メールでのお申し込み・お問い合わせ